Poshiの中小企業診断士勉強用ブログ(経営情報システム)

中小企業診断士の中小企業政策・経済学・経営情報システムの練習問題

H24-23 システムの投資評価2

○×を答えよ。

システムを評価する場合、顧客ならば提案されたシステムをいくらなら購入するかを算定してもらうリアルオプションプライシングと言われる手法を採用することが妥当である。

 ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

×です。

リアルオプションとは、金融工学の価格決定理論の考え方を応用した事業・プロジェクトの将来性を測る事業評価手法です。

「ある一定の投資を行い、黒字化が見えたら継続、難しい場合は撤退」というように将来の選択肢も含めて事業を動的に評価する手法であり、顧客の評価額を算定するものではありません。