Poshiの中小企業診断士勉強用ブログ(経営情報システム)

中小企業診断士の中小企業政策・経済学・経営情報システムの練習問題

H29-21 アーンドバリュー方式

アーンド・バリュー分析では、コスト実績値、出来高実績値、 出来高計画値を用いてコスト効率指数やスケジュール効率指数を計算する。CPIとSPIの計算式は?

 ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

コスト実績値:AC(Actual Cost)

出来高実績値(作業実績値):EV(Earned Value)

出来高計画値:PV(Planned Value)

コスト効率指数:CPI(Cost Performance Index)

スケジュール効率指数: SPI(Schedule Performance Index)

 

コストの効率は、コストに対して実績がどの程度できたかを計算すればいいので、

CPI=EV/AC

 

スケジュールの効率は、出来高の計画に対して実績がどの程度できたかを計算すればいいので、

SPI=EV/PV