Poshiの中小企業診断士勉強用ブログ(経営情報システム)

中小企業診断士の中小企業政策・経済学・経営情報システムの練習問題

H24-21 セキュリティとリスク管理

近年、多くの情報漏洩被害をもたらしているAPTへの対策の対策における、出口対策として挙げられるものは何か

 ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

RAT(Remote Access Trojan/Remote Administration Tool)による内部 proxy通信いわゆる CONNECT 接続の検知遮断。

内部proxy通信とは、システムに侵入し沿革から操作する不正な操作の一つです。

これを検知することは出口対策に当たります。