Poshiの中小企業診断士勉強用ブログ(経営情報システム)

中小企業診断士の中小企業政策・経済学・経営情報システムの練習問題

R2-9 無線LANの特性2

無線LAN に関する記述として、○×を答えよ。

CSMA/CD方式では、データ送信中にコリジョンを検出した場合には、しばらく時間をおいてから送信を開始することで、コリジョンを回避する。

 

 

 ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

×です。

この説明はCSMA/CA方式です。

コリジョンとはデータの衝突です。

CSMA/CD方式は優先LANの方式で、コリジョンが発生すると再度送り直しを行います。