Poshiの中小企業診断士勉強用ブログ(経営情報システム)

中小企業診断士の中小企業政策・経済学・経営情報システムの練習問題

H29-9 データベースの管理システム2

○×を答えよ。

DB の更新処理の際、ロックと呼ばれる排他制御が行われる。このロックをかける範囲をロック粒度と呼び、コレが大きいと排他制御のための処理のオーバヘッドが大きくなる。

 ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

×です。

ロック粒度は、ロックの範囲を指しますが、この範囲が広いと他のトランザクションを減らせるので、処理のオーバーヘッドは小さくなります。