Poshiの中小企業診断士勉強用ブログ(経営情報システム)

中小企業診断士の中小企業政策・経済学・経営情報システムの練習問題

R2-3オブジェクト指向3

オブジェクト指向のモデル化において機能と定義されたものは、他のオブジェクトから送られてくる[ C ]によって起動する。つまり、[ C ]とは、そのオブジェクトへの仕事の依頼といえる。

 ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

C.メソッド

オブジェクト指向では、実世界をオブジェクトの観点からモデル化し、その結果をプログラミングによって実現する。モデル化の際は、おのおののオブジェクトを[ 機能 ]と[状態]で定義し、プログラミングの際は、[ 機能 ]を手続きとして、[状態]はデータとして記述する。