Poshiの中小企業診断士勉強用ブログ(経営情報システム)

中小企業診断士の中小企業政策・経済学・経営情報システムの練習問題

H26-3 ソフトウエア1

PCのOSには、複数のユーザアカウントごとに管理者が設定可能な管理項目が設けられている。

下記の〇×を答えよ。

主記憶装置上の利用可能な記憶領域の範囲をユーザごとに割り当て、使用できる記憶容量を制限することができる。

 ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

×です。

主記憶装置(メインメモリ)の領域をユーザーアカウントごとに設定することはできません。

ユーザーアカウントごとに利用可能な領域を制限したり、使用できる容量を設定したりすることが可能なものは、補助記憶装置です。