Poshiの中小企業診断士勉強用ブログ(経営情報システム)

中小企業診断士の中小企業政策・経済学・経営情報システムの練習問題

H26-1記憶装置3

HDDやSSDにおけるFATやNTFSなどによるデータ記録管理方法について、下記の〇×を答えよ

ファイルを記録する連続したクラスタがない場合、まず記録位置の再配置を行い連続性を確保して記録する。

 ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

FASNTFSなどによるデータ記録管理方法では、空きクラスタが連続していなくても、テータを分割して保持することができます。

(ただし、記録位置がバラバラの断片的になると、読み込みは遅くなります。そのためクラスタの再配置を行って連続性の確保を行うことで、読み込み時間の短縮を行います。これはデフラグと言います。)