Poshiの中小企業診断士勉強用ブログ(経営情報システム)

中小企業診断士の中小企業政策・経済学・経営情報システムの練習問題

R2-1ハードウェアについて1

外付けハードディスク装置(HDD)や外付けブルーレイディスク装置といった周辺機器の接続を可能にするシリアル・インタフェースは?

  ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

 e-SATA

下記写真はSATA規格のインターフェイス(右)をe-SATA規格(左)に変換するケーブルです。

 

 

 

シリアルATAの発展形。ハードディスクとの接続、ブルーレイの再生装置との接続とかに使われています。

パラレルATAIDE、パラレル伝送)→シリアルATA→e-SATA(Sはシリアルという意味)と進化してきました。