Poshiの中小企業診断士勉強用ブログ(経営情報システム)

中小企業診断士の中小企業政策・経済学・経営情報システムの練習問題

2021-11-25から1日間の記事一覧

H24-23 システムの投資評価4

システムの構築を検討する場合に、システム開発のプロジェクト遂行に関するリスクと、システムによってもたらされるベネフィットとの軸の視点から、それらの案を評価する分析方法は?

H24-23 システムの投資評価3

○×を答えよ。 本来、システム導入は合理化のためであり、従って、システム導入に際して従業員何人を減らすことができるかを算定できれば、本システムの投資価値は判断できる。

H24-23 システムの投資評価2

○×を答えよ。 システムを評価する場合、顧客ならば提案されたシステムをいくらなら購入するかを算定してもらうリアルオプションプライシングと言われる手法を採用することが妥当である。

H24-23 システムの投資評価1

電子機器やPCソフトといった製品やサービスの、購入から廃棄(サービス解約)までにかかる費用の総額(総所有コスト)をローマ字で何と言うか

H26-13 経営情報管理5

○×を答えよ。 CIOに必要となる知識体系のうち、情報活用戦略にかかわる知識とは、企業に蓄積された情報や情報技術を活用したビジネスモデルの変革を担うために必要となる知識である。

H26-13 経営情報管理4

○×を答えよ。 CIOに必要となる知識体系のうち、経営戦略にかかわる知識とは、ISの適切な調達を行うために求められる調達戦略立案、外部委託先管理等にかかわる知識である。

H26-13 経営情報管理3

○×を答えよ。 CIOに必要となる知識体系のうち、業務・プロセス改革にかかわる知識とは、ISの個別プロジェクトの目的の達成に求められる計画の立案・実行にかかわる知識である。

H26-13 経営情報管理2

CIOに必要となる知識体系のうち、 IS戦略・ITガバナンスにかかわる知識は何があるか。

H26-13 経営情報管理1

組織におけるイノベータであり、マーケティングから組織内外の情報流通まで含む知識基盤を支える重要な役割を担う者をなんというか

H30-19 経営情報管理5

EAのビジネスアーキテクチャにおいて、システムを構築する際に利用するもろもろの技術的構成要素を体系化する際に使われる図は何があるか。

H30-19 経営情報管理4

EAのビジネスアーキテクチャにおいて、業務処理に最適な情報システムの形態を体系化する際に、作成される図は何があるか。

H30-19 経営情報管理3

EAのビジネスアーキテクチャにおいて、共通化・合理化などを行った実現すべき業務の姿を体系化する際に作成される図は何があるか。

H30-19 経営情報管理2

EAのビジネスアーキテクチャにおいて、各業務において利用されるデータの内容やデータ間の関連性を体系化する際に作成される図は何があるか。

H30-19 経営情報管理1

エンタープライズアーキテクチャ(EA)を構成する4つの要素をあげよ。

H30-19 経営情報管理1

企業の業務プロセスと情報システムの全体像を可視化し、全体最適化するためのフレームワークの事を何というか。

R1-15 WEBコンピューティング3

○×を答えよ。 ERPは 企業経営の持つ諸資源の戦略的な活用を計画するためのシステムである。

R1-15 WEBコンピューティング2

○×を答えよ。 ERPは基幹業務プロセスをクラウド上で処理する統合情報システムである。

R1-15 WEBコンピューティング1

基幹業務プロセスの実行を、統合業務パッケージを利用して、必要な機能を相互に関係付けながら支援する総合情報システムを何というか

R2-14 e-ビジネス4

メールによる広告配信を停止したり,ユーザアカウントを解約したりしたユーザの数の全ユーザ数に対する割合を何というか

R2-14 e-ビジネス3

訪れた最初の Web ページだけを見て,他のページに移動せずに Web サイトから離れるユーザの数の全ユーザ数に対する割合を何というか

R2-14 e-ビジネス2

Web サイトを訪れたユーザ全体の中で,商品購入や会員登録などの成果が得られた割合を示す指標を何というか

R2-14 e-ビジネス1

Web サイトの閲覧者による SNS でのシェア,コメントするなどのリアクションをした率を何というか。