Poshiの中小企業診断士勉強用ブログ(経営情報システム)

中小企業診断士の中小企業政策・経済学・経営情報システムの練習問題

2021-11-24から1日間の記事一覧

H24-20 経営情報管理3

○×を答えよ。 情報リテラシーとは、コンピュータを利用した情報システムを使いこなす能力、つまりコンピュータリテラシーと同義である。

H24-20 経営情報管理2

企業などで情報システムを利用して現場で業務を行う従業員や部門(エンドユーザー、ユーザー部門)が、自らシステムやソフトウェアの開発・構築や運用・管理に携わることを何というか。

H24-20 経営情報管理1

パソコンやタブレット、スマートフォンを使ってインターネットを利用して学ぶ学習形態を何というか。

H25-16 経営情報管理3

○×を答えよ。 クラウドサービスの稼働率が SLAで年 99.9%以上と保証されていれば、不慮のサービス停止の場合でも1時間以内に稼働状態に復旧できる。

H25-16 経営情報管理2

○×を答えよ。 クラウドサービス事業者がパスワードリセット機能を提供している場合、企業は全ての利用者にその方法を伝えて、パスワードを自分で再設定できるようにしておくのがよい。

H25第16問 経営情報管理1

○×を答えよ。 クラウドサービス事業者が SaaSを提供しているとき、それに必要なサーバは自社のものを使用している。

H27-13 経営情報管理7

外部委託していた仕事を再び社内に戻すことを何というか

H27-13 経営情報管理6

クラウドコンピューティングの利用に際して、社内にサーバを設置して情報の漏えいを防ぐシステム化指針を何というか

H27-13 経営情報管理5

インターネットを介して不特定多数の人に依頼したい業務を公開し、発注先を決めるプロセスを何というか

H27-13 経営情報管理4

企業を構成する様々な部門・業務で扱う資源を統一的・一元的に管理することを可能にするシステムをなんというか

H27-13 経営情報管理3

顧客の情報を統合的に管理し、顧客満足度と顧客ロイヤルティを向上させることで、売上や収益性を向上させることを目的とした管理方法を何というか

H27-13 経営情報管理2

PERTにおいて、各作業の所要時間を記入することで、経路ごとの所要時間や最短時間また最も長くなる経路すなわちボトルネックとなる経路を見つける方法は?

H27-13 経営情報管理1

プロジェクトの計画に際して、作業と作業を矢印で結ぶことで、それらの関係性を明確に示す方法を何というか。

H28-22 クラウドコンピューティング2

クラウドサービスにおいて、下記を何というか。 ①自社でインフラを持つ企業内クラウドの形態 ②自社でインフラを持たずクラウド事業者からサービスの提供を受ける形態