Poshiの中小企業診断士勉強用ブログ(経営情報システム)

中小企業診断士の中小企業政策・経済学・経営情報システムの練習問題

2021-11-15から1日間の記事一覧

R2-13 クラウドコンピューティング(仮想化)8

○×を答えよ。 サーバの仮想化とは、サーバ上で複数のOSとソフトウェアを利用できるようにすることであるが、物理的なサーバは1 台に限られる。

R2-13 クラウドコンピューティング(仮想化)7

○×を答えよ。 クラウドサービスを管理するためにはクラウドコントローラが必要であるが、このクラウドコントローラは仮想マシンの管理に限定したソフトウェアである。

R2-13 クラウドコンピューティング(仮想化)6

○×を答えよ。 ホスト型は、ホストOSを必要としないためハードウェアを直接制御することができ、仮想マシンの速度低下を最小限に抑えることができる。

R2-13 クラウドコンピューティング(仮想化)5

仮想化の実装方法で、サーバーへ直接インストールし仮想マシンを稼働させる方式を何というか。

R2-13 クラウドコンピューティング(仮想化)4

○×を答えよ。 ハイパーバイザー型は、ハードウェアへアクセスするにはホストOSを経由しなければならないため、余計なオーバーヘッドがかかり十分な性能がでない

R2-13 クラウドコンピューティング(仮想化)3

○×を答えよ。 ハイパーバイザー型は、すでに利用しているサーバーにも追加でインストールできるので手軽に導入できる。

R2-13 クラウドコンピューティング(仮想化)2

仮想化の実装方法で、OS上に土台となるソフトウェアをインストールし、そのソフトウェア上で仮想マシンを稼働させる方式を何というか。

R2-13 クラウドコンピューティング(仮想化)1

物理的には1台のCP上に、何台ものCPがあるかのように見える使い方をしたり、逆に、複数のコンピュータをあたかも1台のCPのように利用したりする技術を何というか