Poshiの中小企業診断士勉強用ブログ(経営情報システム)

中小企業診断士の中小企業政策・経済学・経営情報システムの練習問題

2021-09-16から1日間の記事一覧

R2-3オブジェクト指向2

オブジェクト指向において、モデル化後のプログラミングの際は、[ A ]を手続きとして、[ B ]はデータとして記述する。このとき、手続きを[ C ]と呼ぶ。

R2-3オブジェクト指向1

オブジェクト指向でのモデル化の際は、おのおののオブジェクトを[ A ]と状態で定義し、プログラミングの際は、[ A ]を手続きとして、状態はデータとして記述する。

H25-4 プログラム2

タグと呼ばれる特別な文字列を利用する言語で、ユーザ独自のタグも定義できる言語は?

H25-4 プログラム1

SGMLを元とする言語で、WWWで使用されるハイパーテキストを記述するために用いられる言語は?

H26-4プログラム9

プログラムの型として、手続き型とオブジェクト型とについて説明せよ。

H26-4プログラム8

テキスト処理が得意なスクリプト言語で、UNIX用として開発されたがWindows や Macintosh などのプラットフォームにも対応するCGIを実現するためのプログラミング言語は?

H26-4プログラム7

XML文書の表示スタイルを指定するための言語仕様は?

H26-4プログラム6

各種事業報告用の情報(財務・経営・投資などの様々な情報)を作成・流通・利用できるように標準化されたXMLベースのコンピュータ言語は?

H26-4プログラム5

Webページ上の表示に動きや変化を加えたり、利用者による操作に反応する仕組みを埋め込んで動的なページ構成にすることをなんというか

H26-4 プログラム4

スマートフォン向けブラウザに対応したホームページの記述によく利用される言語は?