Poshiの中小企業診断士勉強用ブログ(経営情報システム)

中小企業診断士の中小企業政策・経済学・経営情報システムの練習問題

2021-09-08から1日間の記事一覧

H24-6 計算誤差4

行と列によって構成された「表形式のテーブル」と呼ばれるデータの集合を、互いに関連付けて関係モデルを使ったデータベースのことをなんというか。

H24-6 計算誤差3

長い桁や無限桁の小数を扱う際に、これを有限桁で表すためにある桁以降の値を捨ててしまうことにより生じる誤差のことをなんというか。

H24-6 計算誤差2

〇×を答えよ。 どのようなどのようなソフトウェアを利用しても、金額に関する計算では浮動小数点演算の仕組みを利用しないので計算誤差は生じない。

H24-6 計算誤差1

値がほぼ等しく丸め誤差を持つ数値の差を求めた時に、有効数字(位取りを示すだけのゼロを除いた意味のある数字)が大きく減ることによって生じる誤差のことをなんというか。

H25-2 オペレーティングシステム5

〇×を答えよ。 マルチウィンドウやネットワーク機能を利用できるパソコン用のOS は、CPUがマルチタスク機能を備えていることが必要で、複数ユーザが利用するためのユーザ管理を行う必要がある。

H25-2 オペレーティングシステム4

下記の〇×を答えよ。 家電やパソコンの周辺機器などに組み込まれて使用されるOSは、パソコンなどの汎用OSを利用したものは無く、その機器ごとに最適なOSが設計され組み込まれている。

H25-2 オペレーティングシステム3

UNIX、LINUX、MS-DOS、Windows、MacOS、Androidの内でマルチタスク、マルチウィンドウに対応していないものはどれか。

H25-2 オペレーティングシステム2

ワークステーション用のOSは何系のものが多く採用されているか。

H25-2 オペレーティングシステム1

OSに関する記述として下記の〇×を答えよ。 Javaはモバイル端末向けのマルチウィンドウ、ネットワーク機能を提供するOS である。

H24-5 ソフトウエア2

コンパイラにより機械語に翻訳されたプログラムに必要なプログラムの部品を付け加えて実行可能な形式に変換するプログラムをなんというか。

H24-5 ソフトウエア1

PCの電源投入時の動作について、下記を並び替えよ。 A.OSがメモリに読み込まれる B.BIOSが起動 C.OSが全てのメモリを管理する D.BIOSが最初にアクセスすべき記憶媒体の場所などを指示

H24-4 ソフトウエア

[ ]内に入る語句を答えよ コンピュータ上では各種業務について目的別に利用する[ A ]ソフトウェアと、コンピュータの資源を効率よく利用するための[ B ]ソフトウェアがある。