Poshiの中小企業診断士勉強用ブログ(経営情報システム)

中小企業診断士の中小企業政策・経済学・経営情報システムの練習問題

2021-09-01から1日間の記事一覧

H30-2 ソフトウエア2

出荷済みのソフトウェアの不具合を修正・更新するために該当部分だけを書き換えるソフトウェアを何というか。

H30-2 ソフトウエア1

PC の電源投入時に最初に実行され、PC と周辺機器との間の入出力を制御するソフトウェアを何というか。

H24-1半導体を利用した記憶装置4

下記の○×を答えよ。 マスクROMは電源を切っても記憶内容が保持され、また、内容の消去や書き込みが可能なので、バージョンアップが必要なBIOS の記憶に向いている。

H24-1半導体を利用した記憶装置4

24時間365日稼働させるサーバー向けパソコンや、研究用・産業用のワークステーションで採用される、記憶装置上で発生したデータのエラーをチェック・修正をする機能を持つメモリは?

H24-1半導体を利用した記憶装置3

下記の○×を答えよ。 主記憶装置として利用するRAMにはメモリインタリーブに対応したものと対応していないものがあるので、RAMを増設する場合はこの点を確認する必要がある。

H24-1半導体を利用した記憶装置2

CPUがメモリにアクセスする際に、メモリの一部にアクセスが集中すると、処理速度が低下する。 そこでメモリをバンクに分け、並列にアクセスすることで処理を高速化するものは?

H24-1半導体を利用した記憶装置1

下記の〇×を答えよ。 RISC型プロセッサの主記憶装置はSRAM を使用し、CISC型プロセッサではDDR-SDRAMを使用しているので、RAMを増設する場合はメモリの種類を確認する必要がある。

H26-1記憶装置4

( )を答えよ。 HDDやSSDにおけるFATやNTFSなどによるデータ記録管理方法では、ファイルの記録場所をひとつ以上の( )の接続情報として管理する。

H26-1記憶装置3

HDDやSSDにおけるFATやNTFSなどによるデータ記録管理方法について、下記の〇×を答えよ ファイルを記録する連続したクラスタがない場合、まず記録位置の再配置を行い連続性を確保して記録する。 ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ FASやNTFSなどによるデータ記録管理方…